ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

最新鋭の嫌気性排水処理システム「ICXリアクター」を国内初納入  ~既設タンクの大幅な処理能力向上を実現~

-2021年11月19日-

プレスリリース

 IHIグループの株式会社IHIプラント(所在地:東京都江東区,社長:村角 敬,以下「IHIプラント」)は,このたび,澱粉および澱粉加工品,糖化製品の製造販売を行う三和澱粉工業株式会社(所在地:奈良県橿原市,社長:伊藤 歩,以下「三和澱粉工業」)へ,「ICXリアクター」を国内で初めて納入しました。「ICXリアクター」は,IHIプラントの従来型嫌気性排水処理システム「ICリアクター」と同等以上の高効率・低コストでの排水処理が可能でありながら,既設タンクへの据付を可能とした嫌気性排水処理システムです。

 



三和澱粉工業に納入した
ICXリアクター

ユニット据付工事の様子


 工場などから排出される産業用排水は,下水道への放流が可能なレベルまで工場内で処理する必要があります。IHIプラントは,酸素を必要としない微生物「グラニュール」を用いることで,従来の処理法と比べ,高効率・低コストで排水処理が可能な嫌気性排水処理システム「ICリアクター」を,オランダPAQUES(パケ)社との技術提携により,長年販売してきました。
 IHIプラントはこれまで,さまざまな食品加工会社,飲料会社,製紙会社などへ36基のICリアクターを納入してきました。三和澱粉工業にもICリアクターの納入実績があり,その高い性能と既設タンクを流用して処理能力を増強できる点が評価され,受注に至ったものです。

 「ICXリアクター」は既設タンクにユニットを据え付けることで,ICリアクターと同等以上の性能を実現する嫌気性排水処理システムで,主な特長は以下のとおりです。

  1. ICリアクターの特徴である二段式気固液分離装置(セパレータ)をユニット化することにより,さまざまな既設タンクへ設置でき,老朽化した設備の処理能力向上が可能
  2. 新たにタンクを設置する場合と比較して,大幅なコスト削減と工期短縮が可能

 IHIプラントは今後,国内での嫌気性排水処理設備の更新やCO₂排出量削減のニーズの高まりに対応するため,ICXリアクター含む嫌気性排水処理システムを提供していきます。また,IHIプラントは嫌気性排水処理システムだけでなく,嫌気性処理から発生するバイオガスに含まれる硫化水素を除去できる生物脱硫装置や特殊膜を用いた好気性排水処理システムを開発しており,高効率で総合的な排水処理ソリューションをお客さまに提供するとともに,社会の脱炭素化のため,環境負荷の低減を目指し,持続可能な社会の実現に向けて貢献していきます。


※ ICリアクター(主な特長)

  • グラニュールが排水に含まれる有機物をバイオガス(メタンガス)に分解するため,排水処理と同時に,バイオガスをボイラーやガスエンジンの燃料として利用が可能
  • 二段式気固液分離装置(セパレータ)により,グラニュールが処理水とともにタンク外部に排出されることを防ぎ,従来の嫌気性排水処理システムと比較して2倍以上の高い処理能力を実現


<参考資料>
・ICXリアクターの構造
①原水分配:
 排水をリアクター内部に分配

②グラニュール層:
 排水中の有機物をグラニュールによって
 バイオガス(メタンガス)に分解

③上部セパレータ:
 リアクター上部のセパレータでバイオ
 ガス気泡とグラニュールを分離

④ダウナー菅:
 下部セパレータに処理水とグラニュール
 を移送

⑤下部セパレータ:
 処理水とグラニュールを効率的に分離

・ICXリアクターについて(YouTube紹介動画)
https://m.youtube.com/watch?v=Ynd73NQTTTs&feature=youtu.be

・ICXリアクター搭載プロセスについて(YouTube紹介動画)
https://m.youtube.com/watch?v=pM141oUPKt0&feature=youtu.be


製品に関するお問い合わせ先:
IHIプラント事業推進統括部営業部 TEL:03-6204-8204


TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。