ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

IHIグループ安全衛生基本方針

安全衛生基本方針

IHIグループは,「技術をもって社会の発展に貢献する。」「人材こそが最大かつ唯一の財産である。」との経営理念に基づき,安全最優先の文化を築き上げることを目指します。具体的には,当グループ基本行動指針に基づき,ともに働くすべての人びとが安全で健康に働くことができる職場環境の確保に向けて,以下の取組みを展開します。

  1. 「安全五原則」をグループ共通の行動指針とし,経営者ならびに全ての従業員が労働災害の防止に向けて安全衛生活動に取組みます。
    【安全五原則】
    一、安全はすべてに優先する
    一、危険な作業はしない,させない
    一、災害要因の先取り
    一、ルールを守る
    一、自ら努力する
  2. 従業員の心とからだの健康保持増進に向けた環境整備と機会提供に努め,健康で働きやすい職場づくりを進めます。
  3. 安全衛生に関する諸法令を順守するとともに,事業活動が地域社会に与える影響にも十分配慮し,社会の一員として安全衛生確保に努めます。

IHIグループ健康経営宣言

IHIグループは「人材こそが最大かつ唯一の財産である」との経営理念のもと,従業員の健康を大切にした経営に取り組みます。
私たちは,従業員の積極的な健康づくりを支援し,従業員がいきいきとその能力を最大限に発揮することで,組織の活性化を図ります。
これにより,IHIグループの成長を通じて,社会の発展に貢献します。

2016年10月1日
株式会社IHI 代表取締役社長 満岡 次郎
 
  

具体的取り組み

健康経営を,働き方改革との両輪で推進していきます。そして,次の重点施策に,労働組合および健康保険組合と協力して,積極的に取り組みます。
従業員の皆さんも主体的に自身の健康づくりに努め,いきいきと働くことのできる職場づくりに参加しましょう。

  1. 個人と組織の健康リスク低減
    (1)健康診断結果に基づく就業管理の徹底
    (2)ディフェンスメンタルヘルス対策の徹底
        (不調者への的確な対応,ストレスチェックに基づく職場環境の改善)
    (3)禁煙,受動喫煙防止への取り組み推進
  2. 個人と組織の健康度向上による職場活性化
    (1)一人ひとりの主体的な自己健康管理に対する支援
    (2)オフェンスメンタルヘルス対策の推進
        (いきいきと働き成長を実感できる職場環境づくり,ストレスに強い心の育成)
  3.  家族を含めた健康保持増進
    (1)家族を含めた健康づくり活動の展開
    (2)健康診断と保健指導の実施率の更なる向上

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。