ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

グループICT戦略

IHIグループでは、グループ経営方針2016で示された「お客さまの価値創造を通じた収益基盤強化」に向け、グループICT戦略2016をサブ戦略として制定し、ICT活用による「製品・サービスの高度化」「ものづくりの高度化」に取り組んでいます。

「製品・サービスの高度化」では、IoT技術により、製品の稼働情報をはじめとしたライフサイクル全般にわたる各種情報をILIPS(※)に集約し、IHI独自のデータ解析技術・AI技術を適用することで、故障予兆診断や予防保全など新たな保守メニューをお客さまに提供します。お客さまとIHIグループの双方に便益のある、新たなビジネスモデルの開発に取り組んでいます。(※ILIPS:IHI group Lifecycle Partner System)

「ものづくりの高度化」では、IHIグループの工場や建設現場にIoT技術を適用し、人・もの・設備などの生産状況を見える化することで、ものづくりプロセスの最適化に取り組んでいます。さらに、重要設備の故障診断や寿命予測による不要な生産停止の予防や、電力センサーを取り付け工場全体の消費電力低減を図るなど、工場全体のスマートファクトリー化を推進します。今後はIHIグループのお客さまの工場にも展開することで、ものづくりにおいても、お客さまとともに新たな付加価値創造に貢献していきます。

これらの実現の基盤となる、業務の標準化・システムの共通化や情報セキュリティ対策の強化などを含め、IHIグループは、製品・サービス、ものづくり技術とICTを組み合わせることにより、新たなお客さま価値を創造し、成長の実現をはかっていきます。

その他のコンテンツ

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。