ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

社会課題起点:「【社会現象】人口減少・高齢化の深刻化」に向き合う

自動化・省力化・省人化・無人化、設備の最適運用の実現

少子高齢化の進展により、今後、日本では生産年齢人口が減少する。これは同じ人口動態をたどる先進国やアジア周辺国においても共通の課題となっており、課題先進国としてこの問題の解決に取り組まなければなりません。


簡易遠隔操縦装置ロボQS

 

台風や大雨による土砂災害が発生した際には、二次災害を避けつつ安全に初動対応するため、無線遠隔操縦が可能な建機を用いた施工が必要です。しかし、そのような災害対応用の特殊建機は高価で配備できる台数が限られます。
本システムは、一般的な建機を無線遠隔操縦化する装置であり、災害現場に輸送し、現場で入手できる建機に装着することで、安全で迅速な初動対応を可能にします。
今後も現場の声を最大限反映させつつ、操作性向上など、遠隔操縦技術をさらに進化させていきます。

▲ 戻る

ロボットによるピッキング・詰め合わせシステム

 

ピッキングロボット

EC・通販の普及・拡大に伴い、24時間いつでも商品を注文できる時代になっており、現行の物流センターでは作業者確保が課題となっています。そこで、ロボットが人に代わって作業するシステム開発に取り組んでいます。さらに、自動倉庫と一体化させたシステム構築を進め、最終的には完全無人化を目指していきます。

▲ 戻る

関連技術情報


その他のコンテンツ

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。