ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

社会課題起点:環境に優しく経済的な産業機械による豊かな生活の実現


※執筆者の所属名は発行当時のものです。
※IHI技報に掲載されている情報は発行当時のものです。開発,製品製造を終了している可能性がありますので,ご了承ください。

ターボ機械

 external_image

IHIグループは、環境負荷低減に配慮したターボ機械の開発に取り組んでいます。
例えば、工場設備に圧縮空気を供給するコンプレッサには、多くのお客さまがコンパクトで高効率な製品を求めています。(株)IHI回転機械エンジニアリングは、最新技術を用い、2011年に開発した従来のサイズと効率はそのままに、吐出風量が従来比28%アップとなるTRA大風量機を2020年に販売開始しました。
また、設計の試行錯誤で得た大量の数値シミュレーション結果は資産であり、機械学習を活用し、計算結果を分析することで、より良い高効率な形状が短時間で得られる可能性があります。
IHIでは、機械学習と数値シミュレーションを利用し、過給機や航空用エンジンの設計を支援する技術を開発しています。

▲ 戻る

最先端の過給機

external_image

近年、地球温暖化対策のため二酸化炭素排出量削減・低燃費が必要となり、自動車用内燃機関の効率改善,排気ガスクリーン化など、さまざまな技術開発が進められています。

環境負荷を低減しお客様の課題解決に応える技術として、高性能、良好な過渡応答性を備え、軽量でコンパクトな「新世代ターボチャージャー」や、超高速モーターの技術を応用した新型過給機「電動アシストターボチャージャー」を開発しました。
また、次世代車である燃料電池自動車に対応するため、高速回転技術・電動化技術を駆使し「燃料電池車用電動ターボチャージャー」を開発しました。

▲ 戻る

熱・表面処理

 external_image

(株)IHI機械システムは、真空による省エネ構造を活かし、自社製量産型真空浸炭装置で、浸炭室と油冷室を分離し,「油冷室を搬送させる」コンセプトを採用しました。これにより焼入れ品質の確保とともに、焼入油の保有量の大幅削減が可能となり、お客さまの環境対応への取り組みに大きく貢献できます。

IHI Hauzer Techno Coating B. V. は,新しいクロムコーティング技術Cromatipic® を開発しました。Cromatipic®は、従来のクロムメッキに比べて環境に優しく、広範囲のプラスチック製品に施工可能なので、自動車産業など広い産業分野に適用できます。

▲ 戻る

パーキングシステム

IHI運搬機械(株)は、駐車場を社会インフラと捉え、自社のビジネスを単なる駐車場供給からスマートシティへの貢献へと再定義し、新たな枠組みに基づく取り組みを始めました。例えば、自動運転や画像解析技術の取り込み、ドローンポートの開発に着手しています。

次世代モビリティに対応するインフラとして、駐車場を利用するすべての人と車が安全・安心に、加えてストレスなく快適に利用できる製品の開発を進めています。
・業界初 AI、3Dセンサによる快適な駐車を実現
~エレベータパーキング グランシリーズの販売開始~
・業界初 機械式駐車装置のタッチレス入出庫を実現

external_image

▲ 戻る

運搬機械

external_image


IHI運搬機械(株)はクレーン技術、搬送技術、各種制御技術を中心に、国内外のエネルギー産業に貢献してきました。当社ではこれまで培った技術を循環型社会に適用すべく,鹿児島県の七ツ島バイオマス発電所をはじめとして、バイオマスを燃料とする発電所向けにさまざまな製品を納入しています。

建設現場の作業環境改善などの目的で、全天候カバーで建物全体を覆う工法のニーズがあります。IHI運搬機械(株)は清水建設株式会社との共同研究で、水平方向に伸縮するブームにより作業半径を自由に調整でき、カバー内の限られた空間で使える世界初の水平スライドクレーンを開発しました。

▲ 戻る

物流システム

 external_image

近年、物流や製造の現場では慢性的な人手不足が続き、作業の自動化・省人化が大きな課題となっています。中でも特に、パレットに山積みされた段ボールなどの荷卸し(デパレタイズ)作業や、膨大な数量・種類の商品を出荷する際の荷揃え(ピッキング)作業は、長時間におよぶ重労働です。
IHI グループはAIを搭載したデパレタイズ作業やピッキング作業を担うロボットシステムを開発し、販売を開始しました。比較的単調かつ長時間におよぶ作業をロボットに任せることで、現場における人材配置の最適化や、労働環境の改善、作業における人為ミスの削減、業務効率の向上など、多くのメリットを生み出しています。

▲ 戻る

関連技術情報


その他のコンテンツ

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。