ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

第47巻 第4号(平成19年12月発行)-材料の評価とモニタリング小特集号-

IHI技報

第47巻 第4号(平成19年12月発行)-材料の評価とモニタリング小特集号-

1.

畠中宏明、井戸伸和、伊藤拓哉、上道良太、田上 稔

クリープ損傷評価のパラメタとして、超音波信号の特定周波数帯域のスペクトル強度を用いた。単軸クリープ試験体を供試体とした探傷試験を実施した結果、超音波の特定周波数成分は溶接継手の寿命消費率と良い相関があることを確認した。また、実機において本手法の適用を開始した。本評価技術は既設の主蒸気配管の余寿命を予測し、実機発電設備の重要な維持管理技術になることが期待できる。本稿では超音波探傷による火力発電設備の主蒸気配管のクリープ損傷検出技術を報告する。

2.

久布白圭司、吉澤廣喜

溶接継手部のクリープ損傷を評価するために、2.25Cr-1Mo鋼を用いスモールパンチクリープ試験による評価を試みた。スモールパンチクリープ試験とは、試験片が非常に小さく、非破壊的な試験である。初めに異なる大きさのクリープ損傷を単軸クリープ試験で与え、その後、スモールパンチクリープ試験を行った。スモールパンチクリープ試験による破断時間は、あらかじめ与えたクリープ損傷が大きいものほど短くなった。得られた結果を線形損傷則で評価することで、スモールパンチクリープ試験によるクリープ損傷の評価が可能になることを明らかにした。

3.

米山夏樹、久布白圭司、吉澤廣喜

火力発電用ボイラーチューブ材料である Mod.9Cr-1Mo鋼溶接継手について、クリープ損傷の余寿命評価を行った。クリープ試験による損傷組織をEBSPにより解析したところ、寿命消費に伴い15°以上の粒界方位差を持つ結晶粒が粗大化していた。また、異なる溶接入熱条件継手についても同様の粗大化挙動を示した。回復・再結晶挙動によりクリープ寿命が消費されていると考えられる。EBSP解析で得られた細粒域の粒径とクリープ損傷に相関性があり、余寿命評価方法としての可能性を示した。

4.

深谷祐一、明石正恒、佐々木英次、辻川茂男

ステンレス鋼などの耐食合金における最大の問題は、進展の速い局部腐食である。代表的な局部腐食であるすきま腐食は、最も穏和な環境条件で生じるため、構造材料選定においては、すきま腐食に免疫か否かが重要な判断基準となる。本稿では、汎用ステンレス鋼向けに規格化されたJIS G 0592では耐すきま腐食性の評価が困難なNi-Cr-Mo合金に焦点をあて、JIS法を基に、そのすきま腐食臨界電位および臨界温度の測定方法を最適化し、種々の合金の対すきま腐食可使用条件を定量評価した。

5.

戸田勝哉、倉田孝男、高岡啓吾、西土隆幸

コンクリートの非破壊検査技術は、超音波法、レーダ法、打音法、赤外線法などさまざまあり、ひび割れ深さ、鉄筋位置、強度の推定、はく離の有無の検出に使用されている。一方、マルチスペクトル法は、物質に当てた光の反射光をスペクトル解析することによって、物質の状態を定量的に知る技術として果物の糖度計、森林種類の調査などに使われている。本技術をコンクリートに適用して、コンクリート表面の塩化物イオン量を類推することを試みた。この結果、塩害や中性化などによるコンクリートの劣化現象の測定に、本技術は有効であることを確認した。

6.

三上隆男

光ファイバ変位センサ(SOFO センサ)はゲージ長が長い、コンクリートに埋込みができる、高精度である、長寿命である、長期に安定であるなどの特長があり、大型構造物のヘルスモニタリングに適用されている。SOFO センサの計測装置には静的計測用(SOFO V)と動的計測用(SOFO Dynamic)の2種類がある。本稿では、両者の計測原理について解説した後、鋼管の熱膨張試験、橋桁の静的および動的載荷試験、高層ビルの柱の軸力モニタリングに適用した結果を報告する。以上の結果から、SOFO センサの静的および動的性能を明らかにした。

7.

電力事業部基本設計部
技術開発本部生産技術センター生産技術開発部
石川島検査計測株式会社研究開発事業部生産技術部

8.

回転機械事業部圧縮機設計部

9.

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。