株式会社IHIインフラ建設

start global navi.

グローバルメニューここまでです。

水門設備制御システム

ゲート設備を集中管理します。

ゲート設備の監視・操作

河川ゲート、樋門や樋管などの点在するゲート設備を遠隔から監視・操作できます。

自動閉鎖

地震計、緊急地震速報や全国瞬時警報システム(J-ALERT)などの情報からゲートを安全かつ迅速に自動閉鎖する機能を付加できます。

記録管理

各設備の運転や故障の記録および水位・開度などの計測データを記録することができます。

ゲート設備を集中管理

信頼性が向上します

制御回路の二重化

ゲート制御回路の二重化をリレー制御方式とPLC(シーケンサー)制御方式で行い、何れかの制御方式に不具合が発生した場合でも、ゲート操作が行えるように信頼性の向上を図っています。

FL-NET通信方式への対応

FL-net通信の手動制御系をリレー制御回路、自動系をPLC制御回路で行うことで、遠方操作設備から機側操作盤の制御回路まで二重化をすることができます。

応急運転機能

全閉、全開等の位置検出リミットスイッチが適切に動作しなかった場合、または3E動作、圧力異常等の安全装置が誤動作した場合、一時的にゲートの運転を可能にします。

共通制御回路部等が故障している場合、ゲート操作ができない場合が有ります。

信頼性が向上します

ゲート操作をサポートし操作員の負担を軽減します

操作支援機能

カラー液晶タッチパネルにより、ゲート操作方法を操作員へ説明する機能を設け、操作員の負担を軽減し誤操作を防止します。

設備モニタ機能

運転支援画面でモニタカメラの放流状況映像を見ながらゲート操作を行うことができます。

故障状況を再現し、故障原因調査と復旧作業をサポートします

記録管理機能

ゲート故障時の状況を再現し、原因解明と復旧作業が迅速に行えるようにサポートします。

故障診断復旧機能

ゲートの運転ができないとき、運転不能要因を推測し、故障原因と復旧方法を操作員に知らせます。

故障状況を再現し、故障原因調査と復旧作業をサポートします

TOPへ戻る