株式会社IHIインフラシステム

start global navi.

グローバルメニューここまでです。

沿岸海洋構造物事業

明石海峡大橋等本州四国連絡橋の主塔基礎に使用される鋼殻ケーソン、羽田海底トンネルや那覇港臨港道路に使用される沈埋函、その他浮体式係船岸などの沿岸海洋構造物の分野において、様々な工事実績を有しています。


鋼製ケーソン

鋼製ケーソン

海域に設置される橋梁の橋脚や主塔の基礎や沈埋トンネルの立坑には、工場で製作した鋼製型枠(鋼殻ケーソン)を使用し、現場の作業性や品質の向上を図ります。

浮体式係船岸

浮体式係船岸

潮汐に関わらず、水面からの天端高さが一定で、船と岸壁の間の段差を解消できます。また杭係留なので浮体の動揺が小さく、荷積み陸揚げ作業もスムーズにできます。

浮消波堤

浮消波堤

沖合に浮かせて消波、防波を行います。海洋構造物技術に支えられたデザインが安定した性能を生み出しています。大水深・軟弱地盤の海域に対して、経済性・施工性で有効な防波堤であり、海水交流を阻害しない環境にやさしい構造物です。

斜板堤

斜板堤

海岸浸食防止と海岸域の多目的利用を目的として、(独)土木研究所と共同開発された大水深型有脚式離岸堤です。

沈埋函

沈埋函

海底トンネルの建設方法として、プレキャストの函体(沈埋函)を海底に沈める沈埋工法があります。函体の構造形式としては、鉄筋コンクリート構造や鋼・コンクリート合成構造があり、函体の長さは、曳航輸送や沈設作業条件などにより決定されます。

ハイブリッドケーソン

ハイブリッドケーソン

港湾・漁港の施設の一つとして、防波堤・岸壁・護岸などに使われます。鋼板とコンクリートのハイブリッド構造を採用し、高強度で、複雑な形状に対応できることが特長です。

その他の製品

TOPへ戻る