Staff Interview #07 安全・安心な社会へ
ものづくりを通じて貢献していく。

関口 雅洋MASAHIRO SEKIGUCHI

陸用事業部 プラントエンジニアリング部
非常用プラント設計グループ
2014 年度入社/ 工学部生産システム工学科卒

Q . 志望動機を教えてください。

ディーゼルエンジンの
迫力に魅せられて。

群馬県に生まれ育った私にとって、IHI 原動機の太田工場は身近な存在でした。学生時代にはその太田工場で1 週間のインターンも経験したのですが、初めてディーゼルエンジンを見たときは、あまりの迫力に言葉を失いました。軽自動車よりも大きいエンジンが、ズシンズシンという重低音を響かせて動いている様子に、こんなに凄いものを自分の地元でつくっていたなんて、と誇らしい気持が湧いてきました。このときの経験が、当社に入社する一番のきっかけとなりました。もともと世界を舞台にスケールの大きな仕事がしたいと考えていましたので、それにふさわしい規模の企業を志向していたことも、当社への入社を決める理由となりました。

スタッフイメージ

Q . 今どんな仕事をしていますか?

社会を守る
非常用発電装置の設計を担当。

現在私はガスタービン非常用発電装置の設計に携わっています。この発電装置は、病院や浄水場、市役所、商業施設、データセンターなどで、大災害時のバックアップ用電源として使われるものです。万が一の停電時であっても社会の安心と便利を維持していくために絶対に必要となる電源であり、例えば病院では停電はそのまま生命の維持に関わる患者さんもいますので、非常時に確実に稼働する信頼性が求められます。こうした重要な施設の非常用発電装置の設計を任されていることに大きな誇りと責任を感じています。一方、このような施設では、装置を設置するための十分なスペースを確保しにくい状況となることも多々あります。ここが私たち設計担当者のウデ?の見せ所で、限られたスペースの空間の中にいかに効率よく装置を収めていくかを考える。その工程は、まるで立体パズルを解いていくような醍醐味を味わえます。

スタッフイメージ

Q . これからの目標は?

all for one が実践できる
組織づくり。

これまで20 件ほど非常用発電装置の設計を担当してきました。さらに経験を重ねて、将来は設計にも現場にも精通したエンジニアを目指したいと思います。そしてプロジェクトの全体像を把握しながら的確にマネジメントができる人材になりたいと考えています。また、今後は海外の案件も増えていくと思います。そうした案件を積極的に担当し、更なるレベルアップをしていきたいです。一方、仲間と力を合わせて、互いに助け合いながら仕事を進めていく環境づくりにも力を入れたいと思います。特に仕事とプライベートの両立を図り、充実のワークライフバランスを実現するために、1 人のために全員がフォローし、1 人がチーム全体に尽くすような、そんな組織をつくっていきたいと思っています。

ページトップへ