Change
Location

現在は日本サイトをご利用中です

情報セキュリティの教育・浸透と実績

教育・浸透

従業員への教育

IHIグループは、情報セキュリティのルールやツールに対する従業員の理解を深めるためのe-ラーニングを毎年実施し、セキュリティ意識の維持・向上を図っています。

e-ラーニング受講率

(単位:%、対象:IHI)

項⽬ 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
e-ラーニング受講率 83.0 96.0 96.8 96.9

実績

情報セキュリティ対策

IHIグループは、情報セキュリティのリスクに対してルール・ツール・教育の3つの側面から対策を実施しています。
ルール面では、「IHIグループ情報セキュリティポリシー」「IHIグループ情報セキュリティ対策基準」「情報システム利用者規程」などの諸規程を定めています。ツール面では、ウイルス対策ソフトウェアなどのセキュリティツールを導入し、適宜最新機種に更新しています。

情報セキュリティ対策レベルの評価

IHIグループでは、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が提供する企業向けの情報セキュリティ対策ベンチマークに基づき、毎年IHIグループ全体の情報セキュリティ対策レベルを定量的に評価しています。
2022年度の情報セキュリティ対策レベルは、5点満点中3.7点でした。4点を目標スコアとして、2023年度もIHIグループ全体で情報セキュリティレベルの向上に努めます。

情報セキュリティ対策レベル評価

(単位:点、対象:IHIおよび連結⼦会社)

項⽬ 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
情報セキュリティ対策レベル評価(5点満点) 3.2 3.4 3.7 3.7

情報セキュリティの強化トップへ