angle TOP

衛星推進系

IHIエアロスペースは、日本における推進システムの大手メーカーであり、
1964年から宇宙機推進システムの開発と製造を行っています。
衛星およびロケット用の1液式推進システム、コールドガス、
2液式推進システム、および電気推進システムを提供しています。

宇宙機推進システム

当社の宇宙機推進システムは、40年以上にわたってさまざまなミッションで使用されてきました。 IHIエアロスペースは、100を超える推進システムと、そのスラスターおよびタンクを開発および構築してきました。 当社の推進システムとサブシステムは、次の目的で使用されています。

  • こうのとり(HTV)を含む宇宙機の軌道制御と姿勢制御
  • ロケットの姿勢制御
  • 再突入カプセルの姿勢制御

2液式推進システム

IHIエアロスペースは1980年代以来、ヒドラジン(N2H4)と窒素の混合酸化物(MON3)を使用して2液式推進システムを開発および製造してきました。これらのシステムには、2液式アポジエンジンと1液式スラスターが搭載されています。また、モノメチルヒドラジン(MMH)とMON3を使用した2液式推進システムの開発と製造も行っています。 MMH / MON32液式推進システムは、ETS-Ⅷ衛星およびこうのとり(HTV)に使用されています。 HTV推進システムには4つのメインスラスターが装備されており、ISSの安全要件を完全に満たしています。

Program Launch
Year
Orbit Propellant
Load [kg]
Thruster
Configuration
UNAR-A cancelled Lunar orbit N2H4 :143
NTO: 49
500N main engine,
20N x 6, 1N x 4
ETS-VI(LAPS) 1994 GEO N2H4 : 910
NTO: 825
1700N main engine.
50N x 4
J-I EVE 1996 Launcher N2H4 : 126
NTO : 120
3600N main engine
COMETS(UPS) 1998 GEO N2H4 : 1030
MON3 : 840
1700N main engine.
50N x 4, 1N x 16
DRTS(UPS) 2002 GEO N2H4 : 973
MON3 : 641
500N LAE
20N x 8, 1N x 16
ETS-VIII(BPS) 2006 GEO MMH : 1120
MON3 : 1849
500N LAE
22N x 12
SELENE(UPS) 2007 Lunar orbit N2H4 : 960
MON3 : 355
500N LAE
20N x 12, 1N x 8
WINDS(UPS) 2007 GEO N2H4: 1460
MON3 : 1067
500N LAE
20N x 8, 4N x 16
HTV(BPS) 2009~2020 ISS orbit MMH : 918
MON3 : 1514
500N main engine x 4
120N x 28
HTV-X(BPS) - ISS orbit MMH : 981
MON3 : 1619
120N x 24
MMX(outbound)(BPS) - Martian moon N2H4: 916
MON3 : 858
450N x 4
MMX(inbound)(BPS) - Martian moon N2H4: 607
MON3 : 531
450N x 2
22N x 20
LAPS:液体アポジ推進ステージ/ UPS:統合型推進システム/ BPS:2液式推進システム
image

1液式推進システム

IHIエアロスペースは1980年代からヒドラジン推進システムを開発・製造してきました。私たちは40年以上にわたって多くの1液式推進システムを提供し続けています。

Program Launch
Year
Propellant
Load [kg]
Thruster
ETS-IV 1981 64 18N x 2
ETS-III 1982 18 1N x 12
MOS-1 1987 18 1N x 14
ETS-V 1987 113 20N x 2, 1N x 16
CS-3 series 1988 118 20N x 4
MOS-1b 1990 14 1N x 14
JERS-1 1992 115 1N x 22
ETS-VI 1994 115 1N x 16
ADEOS series 1996~ 170 20N x 4, 1N x 16
ETS-VII 1997 440 20N x 28, 1N x 12
Program Launch
Year
Propellant
Load [kg]
Thruster
MDS-1 2002 24 1N x 4
OICETS 2005 40 1N x 8
ALOS 2006 170 4N x 4, 1N x 16
GOSAT 2008 115 20N x 4, 1N x 8
GCOM series 2012~ 260 4N x 12
ASNARO series 2014~ 40 4N x 4
Classified program - 283 4N x 8
image

ロケットRCS

IHIエアロスペースは40年以上にわたってロケット用の姿勢制御システム(RCS)を開発しており、H-I、H-II、H-II A、H-IIBロケットロケットに搭載されています。加えて、H3ロケット用の低価格RCSを開発してきました。

Program Launch
Year
Orbit
N-I 1975~1982 18N x 12
N-II 1981~1987 18N x 12
H-I 1986~1992 18N x 12
H-II 1994~1999 50N x8, 18N x 2
H-IIA 2001~ 50N x 8
H-IIB 2009~2020 50N x 8
Epsilon (PBS) 2013~ 50N x 8
H3 - 50N x 8
Microlauncher - 20N x 8
image

コールドガス

簡素化されたシステムにより、取り扱い、推進薬の装填、輸送に関連するコストが削減されます。また、液化ガスを推進薬として採用することでタンク容積を低減したコールドガスシステムも開発されています。

Program Launch
Year
Propellant Thruster
HYFLEX 1996 GN2 40N x 6
ETS-Vll 1997 GN2 20N x 28, 1N x 12
DASH 2002 GN2 1N x 1
IKAROS 2010 HFC-134a 1N x 8
SS-520 series 1998~ GN2 23N x 1~4
image

2液式スラスター

IHIエアロスペースは、1980年代の開発開始以来、宇宙機用の350を超える2液式スラスターを製造および納入してきました。 2001年に静止衛星用に450NスラスターとヒドラジンとMON3を使用した22Nスラスターを開発しました。高性能450Nスラスターは米国の衛星メーカーで広く使用されています。 IHIエアロスペースは、1980年代に1700N N2H4 / MONアポジエンジン用の最初の2液式スラスターを納入して以降、アポジエンジン生産で世界市場の一翼を担い続けています。 490Nおよび110Nスラスターは、HTV(こうのとり)用として、MMH/MON3を用いるスラスターとして開発されました。これらの2液式スラスターは、広い動作範囲で安定しており、輸入スラスターよりもリーズナブルな価格で提供可能です。

Model Thrust Propellant Isp Inlet pressure Demonstrated life Throughput Status
BT-4 450N Hydrazine/ NTO 326s F : >1.69MPa,O : >1.62Mpa 32850s - Flight proven
BT-6 21.5N Hydrazine/ NTO 295s 1.69MPa - 583kg Flight proven
HBT-5 478N MMH/MON3 316s 1.72MPa 15000s - Flight proven
HBT-1 124.4N MMH/MON3 274.9s 2.05MPa 40000s 446kg Flight proven

ヒドラジン2液式スラスター

image 450N Thruster (BT-4)
image 22N Thruster (BT-6)

MMH2液式スラスター

image 490N Thruster (HBT-5)
image 120N Thruster (HBT-1)

1液式スラスター

IHIエアロスペースが製造した1,100を超えるヒドラジン1液式スラスターは、1964年の開発開始以来、発売されています。推力範囲は1Nから50Nです。1Nおよび4Nスラスターは、競争力、信頼性、および寿命の高さで定評があります。

Model Thrust Isp Number of pulses Throughput Status
MT-9 0.29-1.13N 208-215s >850,000 >100kg Flight proven
MT-8A 1.80-5.01N 212-225s >850,000 >190kg Flight proven
MT-2 6.9-19.6N 210-226s >261,914 >115kg Flight proven
MT-2B 8.5-30N 212-223s >150,000 >140kg Being developed
MT-6 23-50N 215-225s >14,800 >120kg Flight proven
MT-6A 50N 225s >14,000 >107kg Qualified
image 1N Thruster (MT-9)
image 4N Thruster (MT-8A)
image 20N Thruster (MT-2)
image 50N Thruster (MT-6)

推進薬タンク

IHIエアロスペースは、1964年の開発開始以来、ランチャーや衛星用の推進薬タンクや加圧タンクを幅広く開発してきました。250を超える推進薬タンクが発売され、運用に成功しています。 IHI Aerospaceの製品ラインは、容量が3〜1500リットルのタンクから、ダイアフラムから表面張力チャネルメッシュ推進薬管理デバイス(PMD)までの幅広いタンクをカバーしています。

推進薬タンク
Volume [L] Size [mm] Internal device Mount type Status
3 182 ID Sphere DIAPHRAGM Boss Flight proven
10 270 ID Sphere NONE Tab (Lug) Fully developed
14 300 ID Sphere BLADDER Flange Flight proven
14 300 ID Sphere VANE Flange Flight proven
18 278 ID Tear-drop NONE Tab (Lug) Flight proven
22 300 ID x 390  length SPONGE METAL Tab (Lug) Flight proven
37 420 ID Sphere DIAPHRAGM 3 Tab (Lug) Flight proven
37 420 ID Sphere DIAPHRAGM Pedestal Flight proven
48 449 ID Tear-drop NONE Tab (Lug) Fully developed
56 474 ID Sphere NONE Tab (Lug) Flight proven
67 420 ID x 750  length DIAPHRAGM Pedestal Flight proven
74 420 ID x 754  length DIAPHRAGM 4 Tab (Lug) Fully developed
74 570 ID x 500  length DIAPHRAGM 4 Tab (Lug) Being developed
86 550 ID Sphere CHANNEL MESH Tab (Lug) Flight proven
117 609 ID Sphere START BASKET Tab (Lug) Flight proven
141 650 ID Sphere DIAPHRAGM 3 Tab (Lug) Flight proven
169 650 ID x 750  length DIAPHRAGM 3 Tab (Lug) Fully developed
202 720 ID Sphere CHANNEL MESH Tab (Lug) Being developed
289 820 ID Sphere START BASKET Tab (Lug) Flight proven
300 820 ID x 845  length START BASKET Tab (Lug) Flight proven
389 820 ID x 1011  length START BASKET Tab (Lug) Flight proven
427 820 ID x 1087 length CHANNEL MESH Tab (Lug) Flight proven
430 820 ID x 994 length VANE Tab (Skirt) EM developed
430 820 ID x 1087 length CHANNEL MESH Tab (Lug) Flight proven
510 995 ID Sphere START BASKET Tab (Lug) Flight proven
552 1020 ID Sphere CHANNEL MESH Tab (Lug) Flight proven
672 1020 ID x 1260 length CHANNEL MESH 8 Tab (Lug) Being developed
726 1020 ID x 1316 length CHANNEL MESH 4 Tab (Lug) Fully developed
760 1136 ID Sphere START BASKET Tab (Lug) Flight proven
1018 1156 ID x 1361 length CHANNEL MESH Tab (Lug) Flight proven
1147 1300 ID Sphere CHANNEL MESH Tab (Lug) Flight proven
1494 1300 ID x 1565 length CHANNEL MESH Tab (Lug) Flight proven
image HTV 552 [liters]
image ASNARO 67 [liters]

内部デバイス
-ダイヤフラム(SiO2フリーダイヤフラムは開発中です)
-表面張力チャネルメッシュ
-ベーン
-その他(スタートバスケットとスポンジメタル

image Diaphragm
image Channel Mesh
image Vane
image HTV 552 [liters]
image ASNARO 67 [liters]

電気推進スラスター

電気推進スラスター

IHIエアロスペースは、1983年以来、宇宙機用の数種類の電気スラスタを設計、開発、製造してきました。現在、オール電化衛星用の高出力ホールスラスタを開発しています。

Model Propellant Thrust Level Electrical Power
(nom.)
Number of
Units Delivered
Status
Electro-thermal Hydrazine Thruster (EHT) Hydrazine 0.40-0.13N 500W 2 Flight proven
MPD Thruster Hydrazine >20mN 1kW 4 Flight proven
DC Arcjet Thruster Hydrazine 90-130mN 1kW - EM completed
Low power Hall Thruster Xe 62mN 1.0kW - Being developed
High power Hall Thruster Xe >230mN@BOL
>219mN@MOL
>212mN@EOL
4kW - Being developed
>359mN@BOL
>330mN@MOL
6kW
Low Power Hall Thruster Low Power Hall Thruster
High Power Hall Thruster High Power Hall Thruster

打ち上げサポート/試験設備

打ち上げサポート

IHIエアロスペースは、推進薬の装填と納品後の打ち上げサポートに関して多くの専門知識と伝統を持っています。

image
Testing support
image
Propellant loading

試験設備

宇宙機用の各種推進系コンポーネント、および推進システムの試験設備を所有しています。

  • アポジエンジン用燃焼試験スタンド(真空チャンバー)
  • 小型スラスター用燃焼試験スタンド(真空チャンバー3個)
  • 大気燃焼スタンド
image
Small thrauster test facility
image
High Altitude Test Facility

Follow us

Contact

詳細については、下記からお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら