トップページ > 製品情報 > 分離機・脱水機 > ベルトプレス脱水機

製品情報 ベルトプレス脱水機

ベルトプレス脱水機

下水・し尿等の排水分野はもちろん、製造プロセスにおいても活躍しています。

当社の分離機・ろ過機のうち、最も低ケーキ含水率の得られる脱水機です。低圧脱水部と高圧脱水部を適切に組み合わせ、コンパクトな設置面積にて高脱水を実現したNI-Mシリーズを開発しました。他のベルトプレスには見らない優れた特徴を備えており、処理量に応じて豊富なサイズを用意しています。

ベルトプレス脱水機の特長

  • 高圧脱水機構
  • 大径加圧ローラ
  • 適正なローラ配置
  • 孔明ローラ
  • 高い脱水効果

フロー

ベルトプレス本体にバルブユニット盤、凝集攪拌槽(フロキュレータ)、油圧ポンプユニットを標準付属品としています。また周辺機器として、制御盤、洗浄水ポンプ、ストレーナ、コンプレッサなどをオプションで取り扱っています。

原理

2枚のろ布で処理物を挟み込みろ過による脱水を基本原理としています。脱水機構は、油圧シリンダと特殊な高圧ベルトで構成。高圧ベルトは短冊状のものを並べて使用するため、圧力が均等で、濾液の排除にも効果的です。高圧脱水部までの、重力脱水部及び低圧脱水部での、ろ過、脱水効果が優れているため、しっかりしたケーキが得られます。このため、高圧脱水部の機能が有効に働き、各種汚泥への幅広い適用が可能になりました。

徐々に面圧を高くし、効率的な脱水を実現。

原液はまずフロキュレータに供給されます。フロキュレータ内で高分子凝集剤と反応させ、凝集フロックを生成します。生成された凝集フロックはフィードボックスにて、重力脱水されます。その後、大径ローラ、小径ローラの低圧脱水部を経て、高圧脱水部で最終圧搾をしたのち、ケーキ掻取部からケーキが排出されます。

仕様・寸法

仕様

  • (注) 標準処理量は標準脱窒素法し尿処理の混合汚泥(SS濃度2%)の脱水(ケーキ含水率80~82%)を想定したものです。処理量は原液の種類・性状・SS濃度・薬注方法・ご希望のケーキ含水率等によって異なります。脱水性能および形式選定についてはIHIへご照会ください。