日本語英語 サイトマップ
ニュース

2016年ニュース一覧

2016/12/20
イプシロンロケット2号機の打ち上げ

株式会社IHIエアロスペースが機体システムの開発・製造を担当した宇宙航空研究開発機構(JAXA)殿のイプシロンロケット2号機が平成28年12月20日20時00分に打ち上げられ、ジオスペース探査衛星(ERG)を正常に分離したことが確認されました。
今回の成功で、今後の打ち上げ需要に対応するために、当社が取り組んできた打ち上げ能力向上、衛星搭載スペースの拡大といったロケットシステム関連の技術開発の成果が実証されたものと捉えており、ご協力をいただきました関係者の皆さまに、深く感謝を致します。
当社は、今後ともロケットシステム関連の技術開発とその研鑽に励み、日本の宇宙開発事業の発展に尽力してゆく所存です。

2016/10/04
日本政策投資銀行の「DBJ健康経営格付」で最高ランクを取得

IHIエアロスペース富岡事業所は、このたび、株式会社日本政策投資銀行(本社:東京都千代田区、以下「DBJ」)が実施する「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」制度の評価において、最高ランクの格付を取得しました。

「DBJ健康経営格付」は、DBJ独自の評価システムにより、従業員への健康配慮の取り組みに優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するものです。

今回の「DBJ健康経営格付」では以下の点が評価されました。
1. 全社横断的な組織としてIMS(※)委員会を設け、トップダウンで安全衛生・健康活動に取り組むと同時に、部門毎に推進管理責任者および推進担当基幹職を配置して従業員個々人に健康目標や施策を浸透させている点
2. 産業医や保健師等の専門家と連携し、法令水準よりも厳格な独自基準にて対象となる長時間労働者に対して面談実施率100%達成を継続すると同時に、全社が時間外労働削減のための実効性ある対策を講じている点
3. 健康経営の取り組みについて、社内の達成度評価のみならず、グループのインフラを活用しながら、グループ他社との相互での産業保健監査を実施し、そこで把握した改善点などを次年度の活動に反映させることにより、着実にPDCAサイクルを運用している点

※ IMS:Integrated Management System(統合マネジメントシステム)の略。

弊社は今後も安全衛生リスクの低減と従業員の健康保持増進に取り組み、健康で活力あふれる安全安心職場の実現を目指します。

2016/08/22
富岡事業所ロケット祭り

今年で第19回となります恒例の『富岡ロケット祭り』を、下記の通り開催いたします。

日時:2016年9月3日(土) 12:00~15:00
会場:(株)IHIエアロスペース 富岡事業所構内 (群馬県富岡市藤木900番地)
内容:各種イベント、模擬店など

ご注意
1. 会場内は所定の喫煙所以外禁煙です。
2. 歩きスマホはご遠慮ください。
3. 立ち入り禁止区域にご注意ください。
4. お車を運転される方には、酒類の提供を行いません。
5. 駐車場には限りがありますので、なるべく乗り合わせてご来場ください。

2016/02/24
H-ⅡA30号機打ち上げ

H-ⅡAロケット30号機は、2016年2月17日17時45分、種子島宇宙センターから打上げられ、X線天文衛星(ASTRO-H)を予定どおりの軌道に投入しました。
(株)IHIエアロスペースはH-ⅡAロケットの固体ロケットブースター(SRB-A)やロケット分離用の火工品、第2段姿勢制御用ガスジェット装置の製造・開発全般に携わるとともに、射場での打上支援を行いました。

2016/02/03
安全衛生優良企業に認定

IHIエアロスペースは、この度、これまでの安全衛生への積極的な取り組みが評価され、安全衛生優良企業に
認定されました。
本認定は、当社の労働安全衛生法の順守状況や労働災害の発生状況などが認定基準を満たしていること、
また安全衛生活動の実施体制や、健康で働きやすい職場環境であることが評価されたものです。

このページのトップへ