健康経営宣言

組織体制

社長をトップとした健康管理体制となっています。

 

安全・勤労部長や人事部長と専属保健師が全社健康管理総括担当として、法令に沿った基準づくりなど全社の健康企画を行い、工場や営業拠点において、各々に配置された健康管理推責任者および推進者が、事業所の実態に合わせた健康推進を行っています。

 

健康に関する施策立案は経営幹部による会議(センター長会議)で決定し、労使の全社安全衛生委員会で議論共有します。そこで共有した方針は、安全担当者会議や事業所安全衛生委員会を通じて展開を図り、その後の進捗や効果を検証し、継続的なPDCAサイクルを回しています。

経営トップによる体制

2019年度 IHI原動機グループ安全衛生管理重点課題

基本方針

「人材こそが最大かつ唯一の財産である」との経営理念のもと,健康経営の考え方に基づき,従業員の健康度の向上,職場の活性化に取り組み,心身ともに健康で活き活きと働くことができる職場を実現することを目指す。

 

健康管理の管理目標

①健康診断による就業制限該当者ゼロ

②特定保健指導100%実施による疾病予防支援

③高ストレス職場の改善率100%

 

健康管理の重点課題

IHIグループ資源・エネルギー・環境事業領域スローガン:『全ては,健康からはじまる。』

事業環境や事業の内容が大きく変わりつつある中,健康経営と働き方改革を両輪として取り組む。このことにより,「IHI原動機健康経営宣言」に掲げた,「従業員の積極的な健康づくりを支援し,従業員がいきいきとその能力を最大限に発揮することで,組織の活性化を図ること」を全員参加で推進する。
そのために,事業部門トップの積極的関与のもとで,職場と安全衛生部門,人事部門,保健スタッフが強く連携し,引き続き【ディフェンス(健康リスク低減)】と【オフェンス(健康度向上)】に,個人と組織の両面から取り組む。また,IHIグループ健康保険組合とのコラボヘルスを通じて,健診結果の改善等に向けた活動を強化する。

 

具体的取り組み

健康経営を推進するために,次の重点施策を,労働組合および健康保険組合と協力して,積極的に取り組みます。

1.個人と組織の健康リスク低減
① 働き方改革を進め、働き過ぎに伴う健康への影響の防止
② ディフェンスメンタルヘルス対策の徹底(ストレス度の高い職場の改善,不調者への的確な対応)
③ 健康診断要管理者の低減
④ 健康診断結果に基づく就業管理の徹底
⑤ 禁煙,受動喫煙防止への取り組み

2.個人と組織の健康度向上による職場活性化
① 一人ひとりの主体的な自己健康管理に対する支援
② オフェンスメンタルヘルス対策の推進(働きやすい職場づくり,ストレスに強い心の育成)

3.家族を含めた健康保持増進
①「健康チャレンジキャンペーン」の家族を含めた参加率向上

 

働き方改革と健康障害防止

労働時間適正化方針を定め、長時間労働の防止に取り組んでいます。有給休暇取得率の向上にも積極的に取り組んでいます。さらに、135時間/3ケ月を超過した従業員に対しては「時間外健康調査」を行い、産業医および保健師の健康チェックや面談を行い、健康障害防止を図っています。

2019年 全社目標 2019年 目標値 2017年実績 2018年実績
年間平均年休取日数 16日以上 14.2日 14.2日
年休取得率 70%以上 64.6% 64.7%

 

健康診断要管理者の低減対策

・特定保健指導100%実施を目指しています。2018年度は、産業医と保健師による健康教育実施をし、さらにスマホアプリを使った栄養指導を導入しています。アプリに参加した特定保健指導対象者の75%が体重減少しています。

・要治療者には、受診の確認調査や産業医や保健師による受診指導を行っています。

・健康診断で、血圧・糖尿・貧血の高リスク者は産業医が就業制限の判定をしています。産業医と保健師が受診指導を行い、リスク低減したところで、就業制限を解除する就業規則を定めています。

  2017年 2018年
健康診断 要管理者率 69.3% 73.2%
健康診断 要治療者率 39.5% 43.2%

 

メンタルヘルス対策

・ストレスチェックを2013年より実施しています。個人の高ストレス者には保健師や産業医による個別面接を実施しています。高ストレス職場は、自職場単位で改善計画を立案し実行します。それらの取り組みは、産業保健スタッフだけではく、人事部門とも連携を図り、より効果的な展開をしています。

・メンタル教育は、人事部主催している階層別教育と各職場の特性に合わせた管理職教育を毎年実施しています。

教育研修一覧 管理職教育

 

禁煙、受動喫煙防止の取り組み

・2015年より全社禁煙プロジェクト活動を開始し、喫煙率が35.2%から30.2%まで減少しました。太田工場は室内喫煙室を廃止し、屋外喫煙としました。

喫煙率の推移 全社禁煙プロジェクト

 

食生活改善

太田工場の工場給食は健康に配慮したメニューを、給食業者・保健スタッフ・保健師で検討し、野菜を多くしたメニューの改善に取り組んでいます。

給食改善

日替わり定食は、小鉢に海藻や野菜が入り、また、お味噌汁にも野菜が多く入っています。
人気があるカレーは、ミニサイズをつくり、野菜サラダを組み合わせた栄養バランスのよいミニカレーセットを作りました。
カロリーを気にする人は、ヘルシー弁当も選択できます。

 

日替わり定食

ミニカレーセット

ヘルシー弁当

栄養情報を食堂に掲載

 

運動促進

運動不足の解消や世代を超えたコミュニケーションの場として、事業所ごとにスポーツイベントを行っています。

太田工場のソフトボール大会

職場単位でチームを作り、昼休みに一日一試合(25分程度)でトーナメント方式で戦います。

 

健康セミナー

2018年は㈱タニタヘルスリンク様にご協力いただき体組成計測定会を開き181名が参加しました。
また,後日,人生100年時代に向けた栄養と運動の基本をテーマに栄養士の方からご講演いただきました。

 

病気の治療と仕事の両立支援

病気の治療と仕事の両立支援では、上司・人事部門・保健スタッフ・保健師や産業医がチームを作り、それぞれの立場で従業員を支えます。

 

働きやすい職場づくり

働きやすい職場づくりのため、ダイバーシティーと働き方改革に取り組んでいます。
ダイバーシティーでは外国籍従業員や女性従業員の活躍推進に積極的に取り組んでいます。
さらに働き方改革は、労働時間管理目標の設定やモデル職場作りを通じ、ワークライフバランスの実現を引き続き行っています。
また、これらの取り組みを社内HPで情報発信することにより、ダイバーシティーや働き方改革をさらに推進しています。

 

社内制度では、働きやすい勤務や休暇制度を整えています。
  ・在宅勤務制度の利用拡大促進(子育てや介護の理由でも利用可能)
  ・時間単位年休の新設

 

地域に根付いたイベント

本社は神田祭、新潟は新潟まつり(民謡流し)、相生はペーロン祭と近隣地域の祭りに参加し、職場を超えたコミュニケーションの場があります。
地域貢献活動として、毎年、新潟や太田では家族も一緒に清掃活動を行っています。

 

神田祭
神田祭
新潟まつり
新潟まつり(民謡流し)
相生ペーロン祭
相生ペーロン祭
清掃活動
網代浜海岸清掃活動

 

認定

3年連続、健康経営優良法人の認定を受けました。

ページTOPへ