ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

株式会社IHI機械システム

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

真空浸炭装置

概要

ガス浸炭にはできない高品質なアセチレンによる真空浸炭。大幅な生産性アップを実現。ガス浸炭比75%アップ!

用途

浸炭処理、油焼入れ

真空浸炭のメリット

  真空浸炭 ガス浸炭
品質 ・高濃度浸炭が容易  
・粒界酸化がない
・細穴内面浸炭が容易 
・ステンレス鋼の浸炭が可能
・高濃度浸炭が困難  
・粒界酸化があり(~5㎛)
・細穴内面浸炭が困難 
・ステンレス鋼の浸炭が困難
コスト ・高温短時間処理による生産性向上(~1100℃)
・間欠運転可能 
・真空断熱のよる省エネルギー
・950℃が限界 
・炉体より放熱
・間欠運転時、炉温とガス保持が必要
環境 ・CO2の発生がゼロ
・作業環境が良好
・CO2の発生がある 
・暑熱作業
安全性 ・真空かつ火を使用しないため安全 ・真空浸炭に比べて手順に注意を要する
作業性 ・条件管理が非常に容易
 (温度と時間のセットのみ)
・熟練者は特に必要としない
・条件管理が複雑
 (雰囲気管理に熟練を要する)
・熟練、経験を要する
真空浸炭装置(VCBタイプ)

真空浸炭といえば、IHIのVCBタイプ!

真空浸炭炉(VCBタイプ)

特長

高い信頼性
メンテナンス頻度が少ないため、メンテナンスコスト低減が可能
ユーティリティー費用が安い
煤の発生を抑えるバーンアウトが可能
ユーティリティー費用が安い
高温処理できるのでエネルギー効率が高く、処理時間を短縮可能
処理後の製品が綺麗かつ光輝性がある

機能表

真空浸炭炉(VCBタイプ) 機能表
自動化ライン
量産型真空浸炭装置(V-Cell)
量産型真空浸炭装置(V-Cell)

特長

浸炭焼入れ品質を第一に考えた装置構成でメンテナンス性の良い装置
連続的な真空浸炭処理が可能で、生産性向上のニーズにお応えします。

製品構成

  • 浸炭室:6 室 (追加可能)
  • 油冷搬送室:1室
  • 搬入出機構:1式
  • 前後脱脂洗浄設備、焼戻し炉と組み合わせ、真空浸炭ラインとして構築可能

機能表

量産型真空浸炭装置(V-Cell) 機能表
多室型真空浸炭装置(V-MALS)
多湿型真空浸炭装置(V-MALS)

特長

全自動かつ洗練された多室型真空浸炭炉
初期導入コストを抑えつつ高い生産性を実現します。

製品構成

  • 加熱室:1~3 室
  • 油冷室:1 室
  • 搬入出機構:1式

機能表

多湿型真空浸炭装置(V-MALS) 機能表
ガス冷式連続真空浸炭装置 VCG-242448
ガス冷式連続真空浸炭装置 VSG-242448

特長

ストレートスルー方式により、連続運転 大量生産が可能
コンパクト設計により、省スペース化を実現(約7700×3700×10500)
ピットレス仕様
ガス冷却のため後洗不要

製品構成

  • 搬入室:1室
  • 加熱浸炭室:1 室
  • 冷却室(ガス冷):1 式

機能表

ガス冷式連続真空浸炭装置 VSG-242448機能表
ガス冷式連続真空浸炭装置 (加圧加熱仕様)VCG-242448PHQ
ガス冷式連続真空浸炭装置 (加圧加熱仕様)VCG-242448PHQ

特長

ストレートスルー方式により、連続運転 大量生産が可能
コンパクト設計により、省スペース化を実現(約7700×3700×10500)
ピットレス仕様
ガス冷却のため後洗不要
加圧加熱仕様により、昇浸スピードが速い

製品構成

  • 搬入室:1室
  • 加熱浸炭室(加圧加熱仕様):1室
  • 冷却室(ガス冷):1室

機能表

ガス冷式連続真空浸炭装置 (加圧加熱仕様)VCG-242448PHQ 機能表

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。