Change
Location

現在は日本サイトをご利用中です

考え方・方針

IHIグループは、リスク管理を経営の最重要課題の一つと捉え、グループ全体で強化に取り組んでいます。
リスク管理の基本目的は、事業の継続、役員ならびに従業員とその家族の安全確保、経営資源の保全、社会的信用の確保です。そして、「IHIグループ基本行動指針」に基づき、次の行動指針に沿ったリスク管理を行っています。

リスク管理の⾏動指針

  1. IHIグループの事業の継続を図ること
  2. IHIグループの社会的評価を⾼めること
  3. IHIグループの経営資源の保全を図ること
  4. ステークホルダーの利益を損なわないこと
  5. 被害が⽣じた場合には、速やかに回復を図ること
  6. 事態が発⽣した場合には、責任ある⾏動をとること
  7. リスクに関する社会的要請を反映すること

体制

IHIグループは、リスク管理全般に関わる重要事項を検討する機関として、CEOを議長とするリスク管理会議を設置し、取り組み方針や年次計画、是正措置などの重要事項を検討しています。さらに、リスク管理会議の下部委員会として、コンプライアンス委員会を設置しています。
強固なリスク管理を行うため、事業部門(関係会社を含む)・事業領域・本社部門・内部監査部の役割と責任を明確化し、重層的なリスク管理体制を構築しています。

コンプライアンス徹底のための体制

リスク管理体制図

リスク管理会議

議長 最高経営責任者(CEO)
事務局 経営企画部
出席者 グループリスク統括部門長、事業領域長、その他議長の指名する者
2022年度の開催回数 4回

リスク管理活動の仕組み

IHIグループは、事業年度ごとに「IHIグループリスク管理活動重点方針」を定めています。IHIの各部門および海外を含む関係会社は、この方針に沿って主体的・自立的にリスク管理活動を進めています。
多岐にわたる事業関連リスクについて網羅的なリスク管理活動として取り組み、また、重点的に対処すべきリスクを重点テーマ活動として設定しています。
主にIHI本社部門から構成されるグループリスク統括部門が、専門性を生かした情報提供や教育を実施するとともに、リスク管理活動の実施状況をモニタリングし、各部門を支援しています。

リスク管理活動フロー

取り組み

IHIグループは、2022年度、重点テーマ活動を通じたリスク管理の強化に向けた取り組みを実施しました。四半期ごとのリスク管理会議において進捗を確認し、PDCAに基づくリスク管理を進めました。

2023年度リスク管理活動重点方針

IHIグループは、「グループ経営方針2023」のもと、破壊的な環境変化に対応可能な企業体質への変革を加速していきます。地政学リスクの拡大、インフレの進行やエネルギー不足・人財不足、激甚災害の多発など不確実性が常態化する新たな社会環境に対応すべく、強固な事業運営基盤の確保を妨げるリスクおよび事業シナリオの実行を妨げるリスクへの対応力を強化し、万が一に備える体制の構築を進めています。

2023年度重点テーマ活動

以下に示す各テーマへの重点的な取り組みを通じて、IHIグループの持続的な成長と企業価値の向上を目指しています。

  1. 「強固な事業運営基盤の確保」を妨げるリスクへの対応
    • コンプライアンス
    • 品質保証
    • 経済安全保障
    • 情報セキュリティ
    • 人権の尊重
    • 人財リスク
  2. 「事業シナリオの実行」を妨げるリスクへの対応

取締役会によるリスク管理活動のレビュー

IHIグループは、リスク管理会議で検討・確認した活動内容を、四半期ごとに取締役会に報告しています。
取締役会は報告されたリスク管理活動を評価し、その結果は当年度のリスク管理活動に反映されます。また、次年度のリスク管理活動重点方針の策定にも活用されています。

ESGリスクへの対応

IHIグループは、2021年11月に公表した「IHIグループのESG経営」において、気候変動への対策、人権の尊重、多様な人財の活躍、ステークホルダーからの信頼の獲得をESG経営の重要課題として特定しました。そして、2023年5月に公表した「グループ経営方針2023」において、気候変動対策を含むお客さま・社会課題への対応を事業機会と捉え、環境・社会価値を事業評価に取り入れてESG経営を推進しています。
IHIグループは、リスク管理会議ならびにESG経営推進会議を中心とする社内組織・各種活動を通じて、上記のESG経営の重要課題に関連するリスクに対して、重点テーマ活動および網羅的リスク管理活動を行っています。

リスク管理の徹底トップへ