株式会社IHIインフラシステム

start global navi.

グローバルメニューここまでです。

制振装置

制振装置

リニアモーター制振装置

リニアモーター制振装置

アクチュエータにリニアモーターを採用。

特徴

  • ストロークの増長により長周期振動に対応。
  • 装置のコンパクト化を可能に。
  • 既設ビルへの分割搬入・設置を実現。
  • 建設水平加速度200Galまで対応可能。

制振効果実例

制振効果実例

エネルギー回生システム【オプション仕様】

アクティブマスダンパー(AMD)を駆動するときに廃棄される電力を再利用するシステムです。 制振装置の付加質量を減速するときに発生するエネルギーを再利用することにより制振装置に必要な電源容量が従来に比較して1/3から1/5程度の大きさに低減できます。また、消費エネルギーは従来に比較して50%以下に低減できます。

エネルギー回生システム

特徴

  • 本システムは、制振装置電気回路中におけるインバータ直流中間回路にキャパシタンスが大きな電気二重層キャパシタを設置し、回生時に電気二重層キャパシタに電力を蓄えると共に、力行時は電気二重層キャパシタから電力を供給するシステムです。
  • 制振装置に必要とされる電源設備容量を従来の1/3から1/5に低減することが期待できます。
  • 本装置は蓄電デバイスとして環境負荷の低い電気二重層キャパシタを使用してます。このため、鉛蓄電池を使用した場合と比較して、廃棄物処理および破損時の安全性に配慮したシステムとなっております。
  • リチウムイオンキャパシタ利用により、停電時のバックアップが可能となりました。

床用制振装置

床用制振装置

歩道橋や建物の床の上下の揺れを抑えます

特徴

  • 電源が不要
  • 現地調整が容易
  • メンテナンスフリー

橋梁主塔用リニアモーター制振装置

橋梁主塔用リニアモーター制振装置
橋梁主塔用リニアモーター制振装置

船舶用減揺装置

IHIグループが提案するハイブリッド式減揺装置の原理
船舶用減揺装置

船体が動揺すると、減揺体と呼ばれる錘りが円弧レール上を自然に振り子運動し、 波の力と反対方向の力を発生して動揺を小さくします(パッシブ方式)。 さらに、センサで検出された横揺れ情報に基づき、減揺体を電動モータで最適制御し、減揺効果を高めます(アクティブ方式)。 ハイブリッド方式は、振り子の原理(パッシブ方式)と電動モータ制御(アクティブ方式)の長所を組み合わせて、 小さな動力で高い減揺効果を発揮させる方式です。

大型船舶用ハイブリッド式減揺装置

大型船舶用ハイブリッド式減揺装置
船体仕様
(排水量 [t])
調査監督船
(190)
海洋地球研究船
(8672)
設置台数 1台 1台
減揺体重量 [t]
(排水量の約1%)
3.5 100
ストローク [㎜] ±1100 ±4000
装置固有周期 [sec] 4.0 13.0
装置総重量 [t] 6 170
装置寸法 (L×B×H [m]) 4.0×1.8×1.5 14.5×4.5×4.3

起重機船吊り枠用アクティブ式制振装置

起重機船吊り枠用アクティブ式制振装置
船体仕様
(定格吊上能力 [t])
起重機船
(3000 )
設置位置 吊り荷吊り枠上
設置台数 1
制振体重量 [t] 35
ストローク [m] ±2.0
対象周期 [sec] 7
装置総重量 [t] 60
装置寸法 (L×B×H [m]) 11.7×3.2×2.3

施工実績

IHIグループは1990年国産1号機のアクティブ制振装置を開発して以来多くの実績を有しております。

リニアモーター制振装置

その他適用事例

その他の製品

TOPへ戻る