Change
Location

現在は日本サイトをご利用中です

考え方・方針

IHIグループは、「求める人財像」を育成の基軸として、育成体系や教育カリキュラム、OJTを含めた職場における一人一人の育成計画を設定しています。
2023年度は、「グループ人財戦略2023」のもと、これまでの人財育成施策に加え、次の3つの重点施策に取り組んでいきます。

  1. 「変革人財獲得・定着、知識の内部化」のため、通常とは異なる人財および育成のマネジメントを実施します。
  2. 「大胆かつ恒常的なリソースシフト」のため、自律的なキャリア形成の促進と、リスキリング制度を確立します。
  3. 「評価・行動基準、組織文化の変革」のため、新たな統一的な評価・行動基準を基軸とした人財育成スキームを構築します。

人財育成の全体像

実績

キャリア開発に関して定期的なレビューを受けている従業員数(男女別)

(対象:IHIおよび国内関係会社)

項目 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
総数 15,327

男性

13,024

女性

2,303

教育の実績

主な教育の受講者数と延べ受講時間数、従業員1人あたりの教育時間

(対象:IHIおよび国内関係会社)

項目 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
経営人財育成 受講者数(延べ) 94名 134名 132名 118名
受講時間 7,683時間 11,550時間 13,992時間 10,525時間
プロフェッショナル人財育成 受講者数(延べ) 129名 227名 275名 249名
受講時間 4,037時間 6,988時間 8,443時間 7,615時間
職位別研修 受講者数 3,276名 1,882名 672名 795名
受講時間 106,208時間 34,672時間 24,028時間 25,960時間
選択型講座 受講者数(延べ) 3,343名 1,948名 17,430名 37,057名
受講時間 25,073時間 16,358時間 49,648時間 88,822時間
会社指定講座 受講者数(延べ) 253,716名 282,415名
受講時間 188,927時間 170,164時間
従業員1人あたりの研修時間 19.8時間 13.3時間 12.1時間 14.3時間
  • 2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、上期の実施を自粛して下期から実施したため受講者数や受講時間が前年度に比較し減少しています。
  • 2021年度はグループ人財育成プログラムの見直しがあったため各教育の受講者数や受講時間が例年に比較して変動しています。
  • 2022年度職位別研修には、新入社員のサポーター(旧指導員)へ実施した研修を含みます。
  • 2022年度、新たに経営人財育成、プロフェッショナル人財育成の項目を追加しています。ただし、2019~2021年度の従業員1人あたりの研修時間には含みません。

従業員1人あたりの教育研修費用

(対象:IHIおよび国内関係会社)

項目 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
全体 23,512円

匠制度‧⾼度技能者認定制度認定者数

(単位:名、対象:IHI)

項目 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
認定者数 41 39 41 41

相馬

8 8 12 12

瑞穂

11 13 13 10

富岡

4 3 2 1

横浜

7 6 4 9

相生

4 3 3 3

7 6 7 6
  • 2019年度に、匠制度認定制度の名称を「高度技能者認定制度」に改め、認定者の拡大を図っています。

取り組み

IHIアカデミー

IHIグループは、2023年4月に「IHIアカデミー」という組織を発足させました。ここでは、IHIグループの変革をリードする“グローバルで活躍する経営・専門人財”の育成・強化を行います。従来の部門推薦だけではなく、意欲のある人財に門戸を広げる公募要素も取り入れ、実践に重点を置いた研修プログラムを拡充させます。

人財育成プログラム

IHIグループでは、従業員一人一人の「キャリアの形成」「成長の加速」「学び続けること」を支援する教育体系を構築しています。「キャリア形成支援プログラム」「自律・選択型研修」を中心とした教育体系で、自律的に学び続けていく環境を整え、従業員一人一人の活躍の可能性を広げるサポートをしていきます。

多様な人財を育成する取り組み

IHIグループでは、変革をリードするグローバルで活躍する経営・専門人財の育成、新規入社者(新卒採用・キャリア採用)、新任基幹職、新任職・班長に対する職位別研修など、多様な人財が成長・活躍できるグループ共通の教育プログラムを整備しています。
グローバル人財育成では、海外生産拠点やプロジェクトにおける主要業務の経験を計画的に積むとともに、海外赴任前には、グローバルコミュニケーションスキルや異文化対応力に関する講座などを実施しています。

IHIグループ人財育成プログラム

(2023年4⽉24⽇現在)

自律・選択型研修

IHIグループでは、2021年度から従業員一人一人のキャリアプランに応じて、自ら選択し、いつでも・どこでも・誰でも学べる仕組みとして、自律・選択型研修を整備・拡充しました。
テクニカルスキル・ビジネススキル・コミュニケーションスキル・マインドに分類された約400の社内講座を準備することで、キャリアプラン実現のために必要な知識・能力・スキルを自ら考え、成長に向けて自律的に学び続けることをサポートしています。

学び直し

IHIグループは、事業環境の変化や技術革新に対応して、必要な知識やスキル、技術・技能をプロアクティブに身に付ける「リスキリング」のための研修プログラムの充実に取り組んでいます。
また、人財のリソースシフトと最適配置を進める中で、業務内容が変わる従業員の早期活躍のための支援プログラムを実施しています。

技能伝承

IHIグループは、ものづくり技術を支える拠点である各工場で、溶接・機械加工などコア技能の伝承に取り組んでいます。それぞれの分野において専門性の高い技能を有し、後進育成に取り組む役割を担う従業員を高度技能者と認定し(高度技能者認定制度)、計画的な技能伝承を推進しています。

IHIグループ人材開発交流センター

IHIグループ人材開発交流センター「I-STEP湘南」(神奈川県横須賀市)は、国内外のグループ従業員のための研修・会議用施設です。
世界で活躍するIHIグループの仲間が集い、企業理念・価値観を共有し、活発なコミュニケーションを推進する場、共に学び成長する場として活用しています。

キャリアチャレンジ制度

IHIグループは、2019年度からIHIグループ内の部門・会社の垣根を越えた双方向的な人財異動を促進することで人財の最適配置を実現するため、キャリアチャレンジ制度(グループ内公募)を導入しています。2022年度末までに204名がこの制度を利用し、マッチングが成立しました。従業員の自律的なキャリア形成およびスキル開発の機会提供にもつながっています。

キャリア・デペロップメント・プログラム(CDP)

IHIグループでは、2019年度よりグループ共通の個人別キャリア開発プログラムとしてCDPを導入しました。一人一人が作成するキャリアプラン(未来設計図)を起点に、上司との面談を行い、キャリアプランの実現に向けて、どのような挑戦や学びに取り組んでいくかを話し合う機会を設けています。
この仕組みにより、従業員一人一人が、自律的に自身のキャリアプランを考え、業務や教育などの機会を通じて成長し、学び続けることを支援していきます。

キャリア形成支援プログラム

IHIグループでは、一人一人が活躍できる環境づくりの一つとして、キャリアデザインをサポートする「キャリア形成支援プログラム」を策定しています。このプログラムのもと、キャリアステージに合わせたキャリアデザインセミナーを開催しています。将来的に充実したキャリアを歩むためのスキルや能力の開発計画を自ら考え、実行できるようにすることを目的としています。
2022年度から、キャリアプラン作成支援の一環として、社内キャリアアドバイザーとともに1対1で自身のキャリアプランを考えられる支援窓口を立ち上げました。これまでに延べ52名が利用しています。また、キャリア開発全般に関する情報を定期的に発信するグループ内ポータルサイト(愛称:ビルキャリ)を開設しました。これは、従業員の自律的なキャリアデザインの浸透とワークキャリア・ライフキャリアの充実を目的としています。

多様な人財の活躍トップへ