1. IHIロゴ
ニュース 製品サポート情報 技術講座 EN CN(IHI-Sullair) TR(IHI Dalgakiran) サイトマップ

製品情報

オイルフリースクリューコンプレッサーGPシリーズ

あたらしい空気を創ろう

『潤滑油』の代わりに『水』を使用する、水潤滑式オイルフリースクリューコンプレッサー“GPシリーズ”。これから先の地球環境を考え、次世代のエコロジーエアーとして『水』を基に開発しました。 『潤滑油』を、『水』に置き換えることで、使用環境負荷を低減しながら、省エネルギー・省メンテナンスを実現します。

オイルフリースクリューコンプレッサーGPシリーズ

GPシリーズ 本体型式名称

GPシリーズは、2本のローターとケーシング間で空気を圧縮するツインスクリュー形のコンプレッサーです。2本のローターとケーシング間を、水で潤滑・シール・冷却することで、高い圧縮効率を実現。かつ潤滑油を使用していないことで、環境性に優れたコンプレッサーとなっています

基本仕様一覧

インバータータイプ

  
  15kW 22kW 37kW 55kW 75kW
型式 GP15BESA-DV GP22BESA-DV GP37BESA-DV GP37BES-DV GP55BES-DV GP75BES-DV
吐出空気量
(m3/min)※1
0.7~2.3 1.0~3.5 1.8~6.1 2.8~9.2 3.8~12.7
吐出圧力
(MPa[G])※2
0.49~0.88
冷却方式 空冷 水冷
冷却水量(㎥/hr) - 4 6 8.1
設置場所 屋内・非防爆
吸入条件 大気圧2~40゚C
容量調整方式 インバータ回転数制御+全自動(ロード/アンロード+自動発停)
駆動方式 Vベルト
電源仕様※4 AC200V/50Hz(三相)、AC220V/60Hz(三相)
(オプション:AC400V/50Hz(三相)、AC440V/60Hz(三相))
動機仕様 仕様 全閉外扇かご形三相誘導電動機・4P・F種絶縁
公称出力
(kW)
15 22 37 55 75
始動方式 インバータ
内蔵ドライヤー仕様 冷媒 R407C
出口空気露点 圧力下10゚C
外形寸法(W x D x Hmm) 1,735 x 1,030 x 1,450 2,010 x 1,186 x 1,450 2,110 x 1,310 x 1,740
質量(kg) 850 910 1,280 1,165 1,650 1,980
  

ロード/アンロードタイプ

  15kW 22kW 37kW 55kW 75kW
型式 GP15BESA-D GP22BESA-D GP37BESA-D GP37BES-D GP55BES-D GP75BES-D
吐出空気量(㎥/min)※3 2.3(1.8) 3.5(2.7) 6.1(4.9) 9.2(7.0) 12.7(10.3)
吐出圧力(MPa[G])※2 0.69(0.88)
冷却方式 空冷 水冷
冷却水量(㎥/hr) - 4 6 8.1
設置場所 屋内・非防爆
吸入条件 大気圧2~40゚C
容量調整方式 全自動(ロード/アンロード+自動発停)
駆動方式 Vベルト
電源仕様※4 AC200V/50Hz(三相)、AC220V/60Hz(三相)
(オプション:AC400V/50Hz(三相)、AC440V/60Hz(三相))
主電動機仕様 形式・仕様 全閉外扇かご形三相誘導電動機・4P・F種絶縁
公称出力(kW) 15 22 37 55 75
始動方式 直入 スターデルタ
内蔵ドライヤー仕様 冷媒 R407C
出口空気露点 圧力下10゚C
外形寸法(W x D x Hmm) 1,735 x 1,030 x 1,450 2,010 x 1,186 x 1,450 2,110 x 1,310 x 1,740
質量(kg) 845 900 1,260 1,145 1,590 1,860

※1 吐出圧力を0.69MPa[G]以下に設定したときの吐出空気量を示します。
※2 工場出荷時、吐出圧力は0.69MPa[G]に設定します。
※3 ()内の値は、吐出圧力0.88MPa[G]時(オプション)の吐出空気量です。
※4 記載以外の電源仕様につきましては、別途お問い合せください。

注1.空気量はコンプレッサーより吐出された量を吸入状態に換算した値です。
空気量の保証値につきましては別途お問い合せください。
注2.内蔵ドライヤーの出口空気露点は、吐出圧力0.69MPa[G]以上、吸入温度30゚Cの値です。
注3.吐出空気量はドレン析出時、ドレン量分だけ減少します。

GPシリーズ 本体型式名称

※1 インバータータイプは0.49~0.88MPa[G]の範囲で吐出圧力を調整できます。(吐出圧力「H」(0.88MPa[G]仕様)は指定できません)
※2 コンプレッサーを停止した状態で機内の水が凍結することを防止するためのもので、氷点下での運転を可能にするためのものではありません。必ず運転時の周囲温度が2~40℃の範囲に入るようにしてお使いください。水冷式は「G2」指定できません。 詳細につきましては、別途お問い合わせください。
※3 2台のコンプレッサーを交互に運転。容量の変動に応じて、停止・バックアップを行います。
入れ替えがワンタッチで都度の圧力設定が不要です。なお、台数制御「N」仕様と同時に指定できません。
※4 デュアル制御「W」仕様と同時に指定できません。

TOP

本ウェブサイトでは、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社の個人情報保護方針の「クッキー(Cookie)の利用,閲覧履歴の収集について」に定める利用情報に同意いただいたものとみなします。閉じる